メニューの見本品

メニューの見本品

この間友達とランチを食べに行ったときのことです。

満席を待っているに間に、置いてあった日替わりランチの見本を指でつんつんとしたら、なんと本物でした。

ビーフストロガノフに指がつかってしまい、一緒にいた友達がやれやれという顔をしながらもティッシュをくれました。

あんまり触ってはいけないことはわかっているのだけれど、ついつい触りたくなってしまうメニューの見本品達。

一体どこまでが本物で、どれが偽物(サンプル)なのでしょうか。

質の高いサンプルを使っているお店は、触るまで本当にどちらかわからないなんてものもあります。

わたしの経験上、日替わりメニューでは本物を出しているところが多いと感じます。また、白米だけ本物というお店も見かけました。

ドンブリから持ち上げられたラーメンの先に箸がくっついているようなものは偽物だと分かりやすけれど、本当にどちらなのかわからないサンプル品にすごく興味がわいてしまい、わたしはついにサンプルを作っているとある工房を訪れて、実際に自分で作ってしまいました。

わたしが作った物は「レタス」と「パフェ」。

レタスはロウの中にインクの様な物を流し入れました。

まず黄緑で葉の部分を流し入れて、次に芯になる白色を流し入れ、さっきの葉と上手くくっつけて1枚のレタスを作っていきます。

これをロウから引き上げると、上手い具合にクシャっとした皺が寄り、本物のレタスの様になっていくから本当にびっくり。

さらにはこれをくしゃくしゃと丸めるとレタスの様な丸い塊になります。

なんだか最後は感動がないなぁと思いつつも、ガイドさんに言われるがままに包丁で割ってみるとあらふしぎ!中からレタスが出てきました!

家でレタスを割ったときのように、空気感を含みながらうねうねしている葉っぱの組み合わせが再現されているのです。

口があんぐりと開いてしまいました。

お次ぎはパフェです。こちらはすでに完璧に作られたプリンやフルーツが用意されていて、わたしの出来る作業は、好きなようにフルーツ達を配置して、生クリームと思われるものをしぼることのみです。

しかし、またこの生クリームが、実際に絞るのと同じように、先端に絞り口のついた袋に入っているのです。

絞っている感触も、出てくる生クリームのようなものも、見た目はまさに生クリームそのもの。

レタスにしても生クリームにしても、初めて作る私でもこんなにリアルなものが出来るのなら、職人さんの手にかかれば、それはそれは高いクオリティーなんだろうなと実感したのでした。

さて、このレタスやパフェはどうしましょうね?玄関に並べてお店屋さんごっこでもしようかしら。

リクルートスタッフィングの口コミ|派遣会社

チューブ

「ヒッコリーロードの殺人」という「名探偵ポワロ」シリーズのドラマを見ていましたら、珍しく地下鉄が出てきました。「チューブ」です。世界でもっとも歴史の古い地下鉄です。1863年にできました。そのころ日本は明治維新ですからね。私も貧乏旅行ばかりですから、旅行でロンドンを訪れた際にはかなりお世話になります。どこへでもいけますし、トラベルカードなんか使いますと移動の多い旅行者には大変便利でお安く済みます。ちなみにトラベルカードというのは使い捨ての乗り放題のチケットで、私なんかは短期旅行ばかりですから「デイ・トラベルカード」という一日限定のものを、長い人は「セブン・デイ・トラベルカード」を使うとよいでしょう。券売機の画面も日本語表示にもできるのでわかりやすいです。「オイスター」という名前のいわゆるSuicaみたいなカードもあるんですが、そしてビジター用の「ビジター・オイスター」もあるんですが、なんだか面倒くさいので私は使ったことはありません。慣れると便利らしいですけどね。

12路線(ドックランズ・ライト・レイルウェイ含みます)で駅の数は300近くあります。私はピカデリー・ラインをよく使いましたが、ピカデリー・ラインは本当に地下深くを通っていて、エスカレーターを上がる時やエスカレーターを降りる時なんか、あまりの風に髪も眉毛も全部抜けてしまいそうでした。戦時中は防空壕として使われていたそうですよ。そりゃあ、これだけ深ければ色々と防げるでしょう。ちなみにチューブは歴史が古いせいなのか、あんまり深いところを走るからなのか、案外車両が狭いのが一つ驚くところです。イギリス人って我々アジア人よりも背が高いじゃないですか。それなのに、チューブの車両はかなりコンパクト。ヒースロー空港からロンドン市内に向かう時なんか、スーツケース引っ張ってますけど、正直置き場に困ってそわそわしてしまいます。あと、わりとよくストライキやってるんで気をつけてくださいね。時間差で動きだしたりしますので、駅に張り出されているストライキ予定表みたいなのをよく見て行動してください。

ドラマの中でもとてもロンドンっぽい雰囲気のチューブ。街の顔の一つです。